忍者ブログ
無肥料で畑をやれば無農薬はあたりまえ。 人間が肥料で育てるのではなく、自然の微生物が育ててくれる美味しいイチゴ。 茨城県笠間市「Kamos」の様子をお届けします。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一昨日準備した純粋手造りジンジャーエール、
実は、昨日飲みました。


材料を混ぜて放置してから14時間、いつの間にかペットボトルがパンパンに。
ペットボトルの蓋をわずかに開けるとシュワーというよりドバーっと、
ものすごい勢いで炭酸の泡が上がってきます。

蓋をわずかに開ける。

泡がドバー!

慌てて閉める

蓋をわずかに開ける。

泡がドバー!

慌てて閉める

を飽きずに5分間繰り返し、少し泡がこぼれたけど、無事蓋を開けることができました。


さっそく飲んでみる。
あれだけあった炭酸は空気中へ行ってしまい、意外に炭酸は弱い。
でもショウガはウイルキンソンよりも強烈。ショウガ好きにはたまりません。

天然酵母がなければ(←ない方が普通です)、ドライイーストを使えばできるみたい。

ぜひ、お試しあれ~。

あっ、明日から5日間ほど留守にしますので、メールも携帯(←嘘)もつながりません。
よろしくおねがいします~。
PR
炭酸のシュワシュワまで自作の完全天然ジンジャーエールを作成中。
酵母の力がいかほどのものか、試してみます。
(ちなみに、酒になる前に飲んじゃうので、いろいろな意味で大丈夫。)

結果は8時間後。お楽しみに~。

そうそう、先日イカの一夜干しについて書きましたが、
http://haresora33.blog.shinobi.jp/Entry/68/
 

塩辛を作る場合の重要なポイント。


それは、

『入れる日本酒の質』

 


ついつい、安いものを使ってしまいがち。
下手すると、料理酒だったり。


ところが、
とっておきの日本酒、「湊屋藤助」を使ったら、

 

最高。

何杯でも飲めそう。


ワイン煮込みにしても、魚の煮付にしても、
「飲んでも美味しい酒を使う」のは鉄則!


「こんなに違うもんだな~」と再認識。
自分用メモでした。

そうそう、けっこう前だけど、




081012_105217.jpg









イカを1夜干しにしてみました(at アパートのベランダ)。


この1夜干し、
まず、グリルでイカ焼きにして食べたんだけど、
普通のイカにスルメイカの旨味が追加されて、旨味アップ。美味しかった~。


その他、塩辛を作っても味が濃くなるし、
1夜干し、いいことだらけ。


また1つ、アビリティを手に入れてしまった(←バカ)。

僕の料理人生の中で、初めての出会い。



マヨネーズと味噌。
 

「大丈夫かな・・・、かな?」って、
ドキドキしながら調合してみたけど、これが美味しい。

今日の主役はインゲン。
コリッとした食感を楽しみたくて作ってみた。


<牛肉とインゲンの味噌マヨネーズ炒め>

①あらかじめ、牛肉を下ごしらえ。みりんと塩で味を付けて10分くらい。

②あらかじめ、ソースを作っておく。味噌をみりんで溶いてから、マヨネーズを加えるだけ。スパイスをお好みで効かすといいかも。

③牛肉を強火で炒める。軽く塩を振りながら。とにかく、火を通しすぎないのがポイント。
牛肉にうっすら焦げ目が付くくらい。
肉を入れて下がったフライパンの温度が復活した頃に(音で判断)、すぐにインゲンを入れる。やっぱり塩をひと振り。

④インゲンにうっすらと焦げ目がついて、牛肉の赤色がなくなりかける頃に火を止める。



できあがり。

インゲンに「味噌+マヨネーズ」の濃い味が合うね~。

野菜がピーマンやキャベツの場合は、トマト味がいいかな。
お好みで、いろんな料理になるので、なんだかお得。

このところ、配達野菜はひたすら夏野菜。
キュウリ、ナス、トマト、ピーマンの夏野菜4天王が中心。

去年までは絶対食べられなかったこのあたりの野菜、だいたい克服。
特に、トマトは大好物。どんな料理に入れても美味しい。


さて、そんな夏野菜に混じって、
最近は、大好きなバジルを入れてくれるのです。

ただ、このバジル。
1日でシュンとしてしまうので、届けられたその日が勝負。


そんなデリケートなバジルを前に3分考えて、
めちゃくちゃ簡単な保存食を作ってみた。

久しぶりのぶったまクッキング。


『バジルとトマトのマリネ』

①バジル、トマト、玉ねぎをみじん切りにする。

②塩と胡椒と好みの粉末香草(オレガノとかパセリとか)を入れ、よく混ぜる

③最後に、オリーブオイルをたっぷりと。お好みでレモンも。冷蔵庫で1日置くと食べ頃。

 

<補足>

塩を強めに効かすと1週間くらいは余裕で持ちます

お好みで、モッツァレラチーズやベーコンやシーフードをを入れると、あっという間にメインの食材に。
パスタにも最高の相性。

今回は、強火で焼いたエビとツナを入れていただきました。
イタリアンというよりはギリシャ料理に近いかな。シャンパンが一瞬で空いた(苦笑)。

先週末、今年の初サンマ、いただきました。

もちろん、刺身と『なめろう』で。1匹づつ。


まだ、旬には早い気がするけど、すでに1匹88円だった。安!
脂は乗り切ってないものの、やっぱり美味しい。


そう、

同じ刺身でも、
アジは日本酒に合うけど、ご飯にはあまり合わない。

サンマは全く逆。

日本酒相手だと脂が多すぎ。でもご飯だと、何杯でも食べられる。
醤油とショウガをたっぷり付けると、特にお勧め。

あっ、蛇足ながら、
サンマと合わせるご飯は硬めの炊き加減でおねがいします(←細かすぎ)。

 

いつの間にか秋刀魚シーズンに突入してるなんて、
秋は、もうすぐそこまで。

2ヶ月ぶりに味噌汁を作った。
演劇で忙しくて、なかなか余裕がなかったからね。


なぜかごきげんだったのでミュージカルっぽく。

あらかじめ昆布のダシをとるう~♪

先週届いたかわいい大根を1本千切りに~♪

そして、カツオブシを~♪



なんか白いものが見えます。。。


!!!


せっかく買った厚切りのカツオブシが・・・

たしか600円くらいしたよね・・・

まだ2割くらいしか使ってないのに~。

 

カビにやられてました(泣)。


今度買ったときは、すぐに冷凍庫に放り込むことにしよう。


で、、、
味噌汁はどうなったって?

ちょうど刺身にしたアジの中骨があったので何とかなりました。

ちょっとワイルドな味。これはこれでオイスィ~♪

 

22時に帰ってきて、野菜をたくさん使う料理がしたくなり、今日のメニューはニラレバに決定。

1時間後、

こんなかんじにできた~。
DSCF1484.JPG










本当は、
今日は休肝日と決めてたんだけど、
あまりに美味しいので、あっさり前言撤回。

熱々のニラレバにビール、こりゃ最高。
春のニラって美味しいね。


今日は、ALL ABOUTのレシピを参考にやってみた。

本来はニラとモヤシで作るみたいだけど、
毎週届く野菜の中にチンゲンサイがあったので、モヤシの代わりに食感担当。


<その他メモメモ>

・レバーの下ごしらえに、片栗粉を使うとこんなに美味しいのか。

・野菜を入れる前に、ネギとニンニクで香りを出すのもいいね。

・豚じゃなくて鶏レバーを使う。臭みが少ないんだよね。

・味付けは、ちょい濃い目に。

・強火で一気に炒めたので、水分を閉じ込めた仕上がり。大成功~。

昨日の夜の話。

週末に、寿司を握ったときのアジが、ちょっと余ってたので、
塩コショウとハーブをふって、ラディッシュとニンニクと一緒に炒めたら、なんとなくイタリアン風に。
アジが皮までパリパリで美味しい。


その後、日曜深夜23時、
腹いっぱいイタリアンを食べた後なのに、

ちょっとした事情があり、ペペロンチーノを作る。

こういうの、久しぶりだな。

カレンダー
03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/12 ちゃありぃふぁーむ]
[03/12 テラシエラ]
[03/09 かおり]
[02/10 kazumi]
[12/15 ゴンベ]
プロフィール
HN:
しん(晴空)
年齢:
43
性別:
男性
誕生日:
1976/03/15
自己紹介:
2012年からイチゴ農家を始めました。

肥料を使わずに微生物に美味しいイチゴを育ててもらう。そのために、日々微生物のお世話をしています。


●音楽
「ロマンチ楽団」というバンドで歌ってます。
ギターヴォーカル、ベース、パーカッションの3人組。

●演劇
地元日立の劇団「ワンズフィル」で、
「ジョンマン 次郎」という芸名(?)で活動中。でした。。。


●料理
コストパフォーマンス最重視「あーら簡単、
ぶったまクッキング」
を不定期更新中。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析
フリーエリア

Copyright © [ ラスト18年! スタート! ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート and ブログアクセスアップ
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]